設立趣旨・理念

設立趣旨

昨今のITの発達、インターネットの普及は、私たちの身の回りの生活や経済活動、情報の流通において図らずも大きな影響を与えています。高知県にお いても情報化に対する行政の施策や民間の取り組みにより、中心部と中山間地域との情報交流はかなり進んできましたが、実際にインターネットの恩恵を受けて いる人はまだ一部の人に限られ、情報機器の使える者と使えない者との情報格差(デジタルディバイド)が問題になっています。

このような状況の中、「とさはちきんねっと」は地域活性化、デジタルディバイドの解消に、産官学民を結びつけられる情報・人的交流のアクセスポイント的な役割のITサポート人材が欠かせないのではないかと考えました。

「とさはちきんねっと」は、2000年10月に発足し、遅々とした歩みではありますが、参加スタッフ自らの力で、「学び・育てあうコミュニティ」の形を生み出し、企画立案からコミュニティ運営までスキルをつけながら活動してまいりました。

今後はこのスキルをさらに高め、デジタルディバイドの解消、地域振興のための人材育成に力を入れていきます。産官学民の循環型ネットワークの潤滑役を担うコミュニティとして人的交流を促進し、知識社会を実現することを目指します。

2003年8月 とさはちきんねっと運営委員一同

理念

地域の人材(財=たから)を育て、活かし、繋げるため、非営利かつ中立的に地域コミュニティ運営を推進する。

目的

      デジタルディバイドの解消
      地域の人材育成
      人的交流を促進し相互発展を図りながら知識コミュニティを形成する

Copyright(c) 2011 特定非営利活動法人とさはちきんねっと All Rights Reserved.